結晶釉 - テストピース

結晶釉のテストピースがあがりました。

焼き方は:

800℃まで一時間130℃で上昇
800℃から1250℃を最速で
1250℃から1100℃まですばやく温度を落し一時間
1100℃から1090℃まで落として一時間
1090℃から1080℃までおとして一時間
終了

以前投稿した結晶釉の6個を使って、一個に付10の酸化物の配合を行いました。

5個から結晶が見られ、今その結果をまとめています。

陶芸教室からもテストピースが入り、そのうちの1つが凄くいい感じにできあがりました。

初めての結晶釉薬。結果がプラスに出たので、これからが楽しみです。

でも窯板をもう少し守らないと…

週末にでも写真をアップします。

MikeRossTky
[PR]
by MikeRosstky | 2005-11-13 19:25 | 釉薬


<< 試験に使った結晶釉 朝鮮唐津風 ぐい飲みと徳利 >>