試験に使った結晶釉

一回に写真とレシピを投稿する時間が今週末にはなさそうなので、まずは使ったレシピを。以前投稿したレシピの中から選んだ4つと新しく本から探してきた2つ。 各100gをまず作って…

Brook 2
Frit 3110 47
ZnO 24
珪石 24
TiO2 2

Tin Foil 11
Frit 3110 50
ZnO 25
珪石 16
TiO2 2
ドロマイト 5
SnO2 2

FA Seeding Base 12
Frit 3110 49
ZnO 25
珪石 22
SnO2 2

All Opaque 19
Frit 3110 46
ZnO 18
珪石 20
TiO2 6
タルク 1
ドロマイト 9

DianneCreber
Fritt 3110 44
Silica 25
ZnO 30
Lithium Carbn 0.1
Bentonite 1 (材料が無かったので使わなかった、)

GordonHutchens

Fritt 3110 46
Silica 23
Zn O 27

上記の基礎10gごとにに下記の10種類の酸化金属の調合を:

ルチ-ル 5

酸化コバルト 1
酸化銅 4
酸化マンガン 3
ベンガラ 4

酸化チタン 7

酸化銅 2

酸化第一鉄 10

酸化コバルト 2
ベンガラ 1
ルチ-ル  1

酸化銅 6
酸化チタン 6

酸化銅 6%

ベンガラ 6

酸化銅 2
酸化マンガン 3

6種類の基礎と10種類の酸化鉄の調合。全部で60種類の釉薬となりました。

AND社のHL-200と言う電気量りを使いました。0.1gまで表示されるので量る時間は節約できました。

テストピースはロクロを使って高さ20cmぐらいの円筒に引いた磁器土を縦に半分に割ったものです。ここでちょっと失敗。半分に割るのが作って1週間後だったのでカッターで切った時にひび割れが。素焼きでは目立たなかったけれど、本焼きの時には… テストピースの写真をとる前にボンドでくっつけないと。 次回は作ってすぐにでも針金を使って半分に。

続きは週末に。

MikeRossTky
[PR]
by MikeRosstky | 2005-11-15 23:37 | 釉薬


<< 陶葉会展 2005年赤門会・T... 結晶釉 - テストピース >>