テストピース 第二段

先週末はテストピースを40個。一つの釉薬のテストピースは4個ですから、10個の釉薬のテストピース。

Gilbert White (1)

長石    40
石灰    20
カオリン  38
木灰    15
酸化銅   0.1

Gilbert White (2)

長石    40
石灰    20
カオリン  38
木灰    20

Gilbert Whiteは磁器向きの白い釉薬。酸化銅0.1で薄い青色がでると。合成木灰を使ったのでどうでるかな? (The Complete Potter's Companionより)

Mac Celadon

長石    40
石灰    20
珪石    30
カオリン  10
酸化錫   0.75
酸化1鉄  1

基本的な青磁釉。Celadon=青磁。でも写真で見ているとうっすらとした透明磁器釉に。出来上がりはどうかな?(The Ceramic Glaze Handbookより)

Reitz Green

長石    70
ペタライト 15
石灰     5
ガイロメ   8
ルチ-ル  2
コバルト   1

チタン(ルチ-ル)を使って渋い緑がでるかな?元々のレシピにはGerstley Borateと言う日本では手に入らない(アメリカでも手に入りにくくなった原料)が少し使われていたので結果がどうでるか? (The Complete Guilde to High-Fire Glazesより)

Bryanston

長石    50
珪石    18
カオリン  10
ガイロメ   9
石灰     8
タルク    5

Bryanston with FEO

長石    50
珪石    18
カオリン  10
ガイロメ   9
石灰     8
タルク    5
酸化1鉄   2

鉄入りの方は還元で”Smokey Green"、鉄なしは酸化で白い釉薬。貫入をはっきりさせると面白い釉薬だと。 (The Complete Potter's Guideより)

BNO

長石    50
カオリン  35
ドルマイト 20
珪石    10
石灰     5

マット系の白い釉薬。濃く掛ける釉薬。酸化鉄や酸化錫を足すと綺麗にでるベースの釉薬。次回これを。食器類にもってこいの釉薬と。(The Compete Potter's Guide)

Plum

長石      48
カオリン    12
珪石       4
石灰      30
酸化錫      5
酸化クロム  0.1
酸化コバルト 0.25

この釉薬は2回目。赤紫色の釉薬になると思っていたのが、濃い紫色に。なすび色? 今回はコバルトを0.25に対してクロムを0.1、0.2、0.3としてどう変わるかを見ることに。ただ、クロムもコバルトも20gの量に対して微量なので正確性は乏しいような。気に入った色が出たら、1kgからコバルト0.25に対して0.1のクロムを作ってテストピースを一つ作ってそこから微調整を考えています。 (The Ceramic Glaze Handbookより)

基本的に基礎釉薬に酸化物を足して… だから結果次第で違う酸化物も足していって面白い結果がでればと思っています。

今月は本職が忙しかったのでブログの投稿回数が減ってしまいました。まだ、調合したテストピース用釉薬もあるので、素焼きが出来次第もっとテストピースをつくらないと!
[PR]
by MikeRosstky | 2005-02-28 22:11 | 釉薬


<< 器具の値段 透明釉を知り尽くす >>