カテゴリ:作品( 16 )

朝鮮唐津風 ぐい飲みと徳利

窯から出てきた最初の作品。唐津の土に飴釉と藁灰、木灰と長石を混ぜた白い釉薬のコンビで朝鮮唐津風に仕上がりました。飴釉は長石7、合成木灰3にベンガラを7%。

なぜ、細かい線を引いて流れるのでしょうか?

徳利は高さ12cm直径約9cm。約325mlはいります。ぐい飲みは高さ5cm。ぐい飲みの飴釉が棚板に引っ付く0.05mmぐらいのところで止まってくれています。

c0007163_20444165.jpg


c0007163_2045158.jpgc0007163_20451346.jpg


MikeRossTky
[PR]
by MikeRosstky | 2005-10-23 20:46 | 作品

Smokey Green Bowl

気に入った釉薬ができたので、作品に使って見ました。


c0007163_1920122.jpgc0007163_1920328.jpg



直径31cm 高さ 13cmです。 土は陶芸教室にあるブレンドです。テストピースでは土には影響されないようでした。

スモーキーグリーン釉の調合は:

釜戸長石    50
福島珪石    18
カオリン     10
ガイロメ      9
石灰        8
タルク       5
第一酸化鉄   2

注 ベンガラではなく第一酸化鉄です。 還元焼成です。 酸化焼成ではぶくって使い物にはなりません。

均等にかけても、筆で不均等につけても緑と茶色が混ざった感じで焼きあがります。

MikeRossTky
[PR]
by MikeRosstky | 2005-08-07 19:41 | 作品

穴窯 花器 

穴窯には作品を一つだけ。結構お気に入りとなった作品が出来上がりました。

c0007163_205652100.jpg
c0007163_20572094.jpg
c0007163_20583563.jpg
c0007163_20573931.jpg


ロクロで引いた器を二つ合わせて作りました。溶けた灰と緋色のバランスが最高!!円球ですが、落ち着いて転がらない所が二箇所あります。昨夜はこの作品専用の座布団も妻に作ってもらいました。明日陶芸教室でお披露目。

MikeRossTky
[PR]
by MikeRosstky | 2005-04-02 21:01 | 作品

笠間土・登窯 急須

やっとブログのアップデートを。窯出しの前夜、お客様のご要望で本職の仕事が夜3:30まで... カメラを持って窯出しに行く余裕はありませんでした。そのため今日やっと写真を。

この急須は初めて作った急須です。まだ写真に撮ってませんが、コーヒーマグ二つとドリッパ-とのセットとなっています。置かれた場所が違うのでセットの他の作品は少し濃い目の色です。

c0007163_20471695.jpg

c0007163_20473072.jpg


セットは明日にでも写真を撮ってアップできればと思っています。

MikeRossTky
[PR]
by MikeRosstky | 2005-04-02 20:50 | 作品

たまお釉 そば猪口

上信楽にマンガンとコバルトを加えて、たまお釉という結構流れる釉薬を使ってみました。作陶展の時にもこのコンビの作品をいくつか。この釉薬は土の中の酸化金属をひっぱて来る釉薬です。青いコバルトと白い結晶が綺麗に混ざっています。 高さ7.5cm 直径 8cm。

c0007163_2063469.jpg

[PR]
by MikeRosstky | 2005-01-28 20:06 | 作品

茂木土・うのふ釉の湯のみ

茂木土は今後取得が難しくなる土と教室で… 友達がこの湯のみより一回り大きい湯のみを見て、もう少し小さければいただきたいと。今日窯から出てきました。
大きさは大きい方が高さ10cm直径8cm。小さい方は高さ9-9.5cm直径7cm。

c0007163_2094977.jpg
c0007163_20102014.jpg

[PR]
by MikeRosstky | 2005-01-28 19:57 | 作品

ぐい飲み - 朝鮮唐津

これはテストピースとして作った作品なんですが、思ったより良い結果がでました。長石70 合成木灰30にベンガラをたして作った飴釉。これにうのふ釉の塊をぐい飲みの口のところに乗せて朝鮮唐津を。 作陶展でポプラ-でした。今では家に一個だけ。 また作ろうと思ってます。

c0007163_22103899.jpg

[PR]
by MikeRosstky | 2005-01-20 22:11 | 作品

鬼萩 向う付け

この作品は初めて鬼萩を使ってみた時に作った作品です。中性の窯で。綺麗なピンク色に。釉薬はイス灰釉。

c0007163_23571926.jpgc0007163_2357494.jpg
[PR]
by MikeRosstky | 2005-01-17 23:58 | 作品

分銅型手付き器

分銅の形をして手付き器3個。土は上信楽。釉薬は天目にうのふを。うのふはいっちんを使って。長さ17-18cm。幅12-14cm。高さ9cm。天目とうのふのコンビネーションは好きです。

c0007163_22365130.jpg
c0007163_2237322.jpg
c0007163_22371673.jpg
c0007163_22372962.jpg
c0007163_22374037.jpg
[PR]
by MikeRosstky | 2005-01-10 22:39 | 作品

手形!!

作陶展にいらっしゃった方の95%このお皿に手を乗せました。話題を作るお皿でした。

c0007163_2115352.jpg


日ごろ家ではこのお皿にパンを乗せたりして結構使っています。土は教室の”粉引き”、すなわち今月のオールブレンド。釉薬はビードロです。長さ22.5cm幅15cm高さは一番高いところで4cm。 焼き上がりがちょうど僕の手と同じ大きさに。

今度このお皿を新宿か銀座の占い師に見てもらおうかな?
[PR]
by MikeRosstky | 2005-01-05 21:21 | 作品