<   2005年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

映画「火火」

神山静子さんの人生を元に映画「火火」が話題となっています。彼女の作品が見れるURLを探してみました。この他に有りましたら、コメントください。足していきます。

http://tohtoh.com/g-k.kiyoko-page.htm

http://www.kamogamo.com/jp/shop01/user/A001-000060.html
[PR]
by MikeRosstky | 2005-01-31 08:17 | イベント

たまお釉 そば猪口

上信楽にマンガンとコバルトを加えて、たまお釉という結構流れる釉薬を使ってみました。作陶展の時にもこのコンビの作品をいくつか。この釉薬は土の中の酸化金属をひっぱて来る釉薬です。青いコバルトと白い結晶が綺麗に混ざっています。 高さ7.5cm 直径 8cm。

c0007163_2063469.jpg

[PR]
by MikeRosstky | 2005-01-28 20:06 | 作品

茂木土・うのふ釉の湯のみ

茂木土は今後取得が難しくなる土と教室で… 友達がこの湯のみより一回り大きい湯のみを見て、もう少し小さければいただきたいと。今日窯から出てきました。
大きさは大きい方が高さ10cm直径8cm。小さい方は高さ9-9.5cm直径7cm。

c0007163_2094977.jpg
c0007163_20102014.jpg

[PR]
by MikeRosstky | 2005-01-28 19:57 | 作品

ぐい飲み - 朝鮮唐津

これはテストピースとして作った作品なんですが、思ったより良い結果がでました。長石70 合成木灰30にベンガラをたして作った飴釉。これにうのふ釉の塊をぐい飲みの口のところに乗せて朝鮮唐津を。 作陶展でポプラ-でした。今では家に一個だけ。 また作ろうと思ってます。

c0007163_22103899.jpg

[PR]
by MikeRosstky | 2005-01-20 22:11 | 作品

鬼萩 向う付け

この作品は初めて鬼萩を使ってみた時に作った作品です。中性の窯で。綺麗なピンク色に。釉薬はイス灰釉。

c0007163_23571926.jpgc0007163_2357494.jpg
[PR]
by MikeRosstky | 2005-01-17 23:58 | 作品

日本橋 三越 辻村 史朗展

今日は日本橋での会議が3時半に終わって、木場での5時半の会議の合間に日本橋三越に。辻村 史朗展が行われていました。 まん丸の花器。圧倒されます。荒い信楽の土を使って半球を二つ作って、それを組み合わせてバスケットボールより一回り大きい球形の花器。焼き締め、灰釉、粉引きなどいろんな外面。見れば見るほど引き寄せられます。

作陶展の目録に:

”I have no teacher. I take no apprentices. While this statement may sum up Tsujimura's attitude towards tradeional master-apprentice relationships, and express his own individuality as an artist, his work suggest that he indeed had a teacher - the ceramics of tea".

”師匠はいない、弟子も取らない。 彼の師弟関係についての思いを表し、個性的な美術家を表現する。しかし、彼の作品を見ると、彼にはお茶の陶磁器という師匠がいた。”と訳せばいいのかな?

作品を見ていたら、銀座のママさん風の二人連れが、”銀座の綺麗なママさんのお店には先生の作品がおいてある。”とひそひそ… その後、粉引き球形の花器をお買い上げに。

自分の手で作ったものが、評価される。最高ですね。
[PR]
by MikeRosstky | 2005-01-12 22:37 | イベント

分銅型手付き器

分銅の形をして手付き器3個。土は上信楽。釉薬は天目にうのふを。うのふはいっちんを使って。長さ17-18cm。幅12-14cm。高さ9cm。天目とうのふのコンビネーションは好きです。

c0007163_22365130.jpg
c0007163_2237322.jpg
c0007163_22371673.jpg
c0007163_22372962.jpg
c0007163_22374037.jpg
[PR]
by MikeRosstky | 2005-01-10 22:39 | 作品

林 寧彦 作陶展

今日は林 寧彦さんの作陶展に。1月10日から15日東京赤坂にある「赤坂乾ギャラリー」で。詳しくは http://www.ne.jp/asahi/yasuhiko/hayashi/index/0501koten.htm 専門ギャラリーでの初個展だそうです。

週末陶芸をはじめたころ林さんの本を読んでだばっかりに、私も週末陶芸家になろうと… 

c0007163_20404146.jpg


この陶板は作陶展で購入しました。結構気に入っています。私の作陶生活の励みになると。
[PR]
by MikeRosstky | 2005-01-10 20:53 | イベント

手形!!

作陶展にいらっしゃった方の95%このお皿に手を乗せました。話題を作るお皿でした。

c0007163_2115352.jpg


日ごろ家ではこのお皿にパンを乗せたりして結構使っています。土は教室の”粉引き”、すなわち今月のオールブレンド。釉薬はビードロです。長さ22.5cm幅15cm高さは一番高いところで4cm。 焼き上がりがちょうど僕の手と同じ大きさに。

今度このお皿を新宿か銀座の占い師に見てもらおうかな?
[PR]
by MikeRosstky | 2005-01-05 21:21 | 作品

三越 匠の技 - 矢鋪 秀治さん

日曜日に日本橋三越で”匠の技”と題してのイベントが。その中でロクロの実演を行っていたのが日本工芸会正会員、矢鋪與左衛門釜の矢鋪 秀治さん。昨年の51回日本伝統工芸展で青白磁深鉢で入選された方です。

ロクロでノギベラ(牛ベらの長いもの)を使ってお茶碗、急須、一輪挿し花瓶、湯のみなどを次々と。また子供さんと一緒に作品を作ったり。見ていて楽しそうだったし、見てて楽しい。ついつい時間が。

元々は3月に出産予定なので、赤ちゃんがらみの福袋を探しに三越に行ったのですが、買い物が終わってからイベントに立ち寄ったのでついつい時間が。色々とお話することも。アシスタントの女性の方もすごく親切で。帰りには”ドベはいらないので、持ってって”と2kgぐらいドベを。今週末までに使えるところまで乾くかな?

月曜日は浅草に行って浅草寺でおみくじを。帰りにまた三越によってロクロを拝見。見れば見るほど勉強になりました。カメラもって行けばよかったなと…

ネットでちょっと探索…

http://www.sagatokimeki.ne.jp/toujiki/yakijyoho/june/47/2-1.html

http://www.toyoake-chuuou-e.aichi-c.ed.jp/kokusai/h16/day5.htm

http://www.dn.ws33.arena.ne.jp/keireki.html

などなど。

二月には東武百貨店でイベントでまた東京にいらっしゃるとの事。次回はもっと時間をと思っています。

MikeRossTky
[PR]
by MikeRosstky | 2005-01-04 22:40 | イベント