<   2005年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

結晶釉テストピース

テストピースの画像をアップします。デジカメで撮ってフォトショップを使って拡大してみると結晶が手にとって見るのでは全く違うように見えます。結構面白い。

現時点では、

1.もう少し高い温度、1150度ぐらいでもう一回やったほうが良い調合がある。
2.福島珪石が溶けきれていない釉薬がある。ミルを使って粒の大きさを小さくすることに。
3.酸化金属によって融点を下げるものと下げないものがある。酸化銅や酸化鉄は融点が他より高い

では画像を。まずはテストピース全体の画像をいくつか。

c0007163_1512023.jpgc0007163_1512175.jpg
c0007163_15135730.jpgc0007163_15131613.jpg
c0007163_1514205.jpgc0007163_15143162.jpg
c0007163_15145714.jpg



では個別のところを大きくした画像を。DLしてもっと大きく画像処理ソフトを使ってみてください。

c0007163_15164499.jpgc0007163_15165676.jpg
c0007163_1517669.jpgc0007163_15171864.jpg
c0007163_15173064.jpgc0007163_15174361.jpg


もっと研究しないと…

MikeRossTky
[PR]
by MikeRosstky | 2005-11-20 15:18 | 釉薬

陶葉会展 2005年赤門会・TDK積層陶器研究会展

昨日日本橋高島屋6階工芸サロンで陶葉会展を見てきました。千葉県在住で日本工芸会や伝統工芸新作展などで入選経験がある方々など約30名の展覧会です。完成度が高い作品が多く見られたので感激!! 展覧会は11月22日まで。

今日は2005年赤門会・TDK積層陶器研究会展を日本橋朝日画廊で観覧。赤田士郎先生と30分あまりお話しすることもできたので大感激!!こちらも11月22日まで。練上を極めた赤田士郎先生や先生の生徒さんの作品はすばらしいものばかり。粘土に色を足したのではなく、4種類の粘土を練り上げた作品はすばらしいです。

MikeRossTky
[PR]
by mikerosstky | 2005-11-17 16:57 | イベント

試験に使った結晶釉

一回に写真とレシピを投稿する時間が今週末にはなさそうなので、まずは使ったレシピを。以前投稿したレシピの中から選んだ4つと新しく本から探してきた2つ。 各100gをまず作って…

Brook 2
Frit 3110 47
ZnO 24
珪石 24
TiO2 2

Tin Foil 11
Frit 3110 50
ZnO 25
珪石 16
TiO2 2
ドロマイト 5
SnO2 2

FA Seeding Base 12
Frit 3110 49
ZnO 25
珪石 22
SnO2 2

All Opaque 19
Frit 3110 46
ZnO 18
珪石 20
TiO2 6
タルク 1
ドロマイト 9

DianneCreber
Fritt 3110 44
Silica 25
ZnO 30
Lithium Carbn 0.1
Bentonite 1 (材料が無かったので使わなかった、)

GordonHutchens

Fritt 3110 46
Silica 23
Zn O 27

上記の基礎10gごとにに下記の10種類の酸化金属の調合を:

ルチ-ル 5

酸化コバルト 1
酸化銅 4
酸化マンガン 3
ベンガラ 4

酸化チタン 7

酸化銅 2

酸化第一鉄 10

酸化コバルト 2
ベンガラ 1
ルチ-ル  1

酸化銅 6
酸化チタン 6

酸化銅 6%

ベンガラ 6

酸化銅 2
酸化マンガン 3

6種類の基礎と10種類の酸化鉄の調合。全部で60種類の釉薬となりました。

AND社のHL-200と言う電気量りを使いました。0.1gまで表示されるので量る時間は節約できました。

テストピースはロクロを使って高さ20cmぐらいの円筒に引いた磁器土を縦に半分に割ったものです。ここでちょっと失敗。半分に割るのが作って1週間後だったのでカッターで切った時にひび割れが。素焼きでは目立たなかったけれど、本焼きの時には… テストピースの写真をとる前にボンドでくっつけないと。 次回は作ってすぐにでも針金を使って半分に。

続きは週末に。

MikeRossTky
[PR]
by MikeRosstky | 2005-11-15 23:37 | 釉薬

結晶釉 - テストピース

結晶釉のテストピースがあがりました。

焼き方は:

800℃まで一時間130℃で上昇
800℃から1250℃を最速で
1250℃から1100℃まですばやく温度を落し一時間
1100℃から1090℃まで落として一時間
1090℃から1080℃までおとして一時間
終了

以前投稿した結晶釉の6個を使って、一個に付10の酸化物の配合を行いました。

5個から結晶が見られ、今その結果をまとめています。

陶芸教室からもテストピースが入り、そのうちの1つが凄くいい感じにできあがりました。

初めての結晶釉薬。結果がプラスに出たので、これからが楽しみです。

でも窯板をもう少し守らないと…

週末にでも写真をアップします。

MikeRossTky
[PR]
by MikeRosstky | 2005-11-13 19:25 | 釉薬