釉薬第二段結果

第二段の結果が今日でました。

Gilbert White (1)

長石    40
石灰    20
カオリン  38
木灰    15
酸化銅   0.1

Gilbert White (2)

長石    40
石灰    20
カオリン  38
木灰    20

今回、釜戸長石をつかったのですが、完全に溶けきれていない。そのため、結果は保留。長石を福島長石に変えて再度挑戦。酸化銅0.1%は薄く紫色が。以前酸化銅を入れすぎて還元しても緑のままだったので、勉強になりました。

Mac Celadon

長石    40
石灰    20
珪石    30
カオリン  10
酸化錫   0.75
酸化1鉄  1

酸化第一鉄より第二鉄にしたほうが良いのかな?薄く掛かったところと濃く掛けたところのコントラストが。まるで違う釉薬みたい。磁器より陶器に向いている釉薬かな?

Reitz Green

長石    70
ペタライト 15
石灰     5
ガイロメ   8
ルチ-ル  2
コバルト   1

すごく渋い緑がでた!酸化の方が少し青め。釜戸長石は完璧に溶けてる。でもほとんど流れていない。いろいろと調整してみる価値が。でもルチ-ル… 違うルチ-ルの袋から釉薬作ったら同じ結果が出ないことで有名。どうかな?

Bryanston

長石    50
珪石    18
カオリン  10
ガイロメ   9
石灰     8
タルク    5

還元だと薄い水色がかった白。酸化だと白。釜戸長石がもう少しで完全に溶けてる状態。石灰を増やすか長石を福島に変えてみるか。つやのある流れが無い基本釉。

Bryanston with FEO

長石    50
珪石    18
カオリン  10
ガイロメ   9
石灰     8
タルク    5
酸化1鉄   2

酸化はぶく。使いものにならない。還元はすばらしい。還元では緑と茶色が入れ混じった綺麗なつやのある釉薬となった。流れもほとんどない。酸化も同じ色のようだけど、ぶくってしまったので残念。酸化第2鉄に変えてもう一回やってみるつもり。

BNO

長石    50
カオリン  35
ドルマイト 20
珪石    10
石灰     5

マット系の白釉。釜戸長石が完全に溶けきれていない。

Plum

長石      48
カオリン    12
珪石       4
石灰      30
酸化錫      5
酸化クロム  0.1
酸化コバルト 0.25
コバルトを0.25に対してクロムを0.1、0.2、0.3

全然だめ。以前と全く違う色。コバルトとクロムの量が小さいので調整が難しいかも。
調整のアドバイスが必要かな?

テストピース第一弾の結果はまたの日に。

MikeRossTky
[PR]
by MikeRosstky | 2005-04-10 21:55 | 釉薬


<< 陶房 Terra 会員作陶展 長女誕生!! >>